三河地方・岡崎市の花火に関して詳しく丁寧に解説するサイト『三河・岡崎市花火の歴史』

●●●花火の歴史●●●

【花火の発展】

岡崎の徳川家康が1613年の8月に、駿府城でイギリスの使者と花火を見物しています。
この頃から花火は人々の楽しむものとなっていました。
1733年には江戸大川(隅田川)の川開きに花火が打ち上げられ、今日に続いています。
戦国の時代から平和な時代に移り、それまで戦いに重要だった火術からその知識と技術に
よって花火を製造するようになったのです。

【鉄砲の技術】

1543年ポルトガル人によって鉄砲が伝えられると、戦国大名たちの求めに応じて鉄砲の
製法や火薬の研究が進められました。
1555年頃には九州において鉄砲の製造が始められます。
そして各地の大名たちが使用することで、鉄砲の製造は急速に広まっていきます。
1575年の長篠の戦いで織田・徳川の連合軍が三千挺の鉄砲で武田軍を打ち破ったことで
新兵器の威力は知れ渡りました。

【火薬の製法】

弾を飛ばす火薬の製法は1559年には書かれている書物によると、硝石(硝酸カリウム)
七割五分、硫黄一割五分、木炭一割で混ぜるとあります。
これは黒色火薬といわれるものです。

【花火のルーツ】

1600年頃から和製の硝石に関する記録も出てきます。
筒に火薬を込めて連絡や合図に煙を上げる烽火(のろし)、矢の先に火薬の筒をつけた火矢
(ひや)の製造も火術家・砲術家の重要な仕事でした。
この頃の火矢などが花火のルーツとなります。